グラズノフ[作曲者一覧][ご注文]

[前の人] [次の人]

吹奏楽小編成
婚礼の行列 op.21
わかりやすい旋律が冒頭からあらわれ、そのテーマはこの曲全体に使われています。技術的にも比較的易しく演奏効果も高い曲です。和音も理解しやすいので演奏者にとってもアンサンブルしやすいと思います。コンクールの自由曲としての演奏はもちろん、学校の式典や演奏会等でも使えるオールマイティな曲と言えます。
前奏曲とサロメの踊り
劇的に始まる前奏曲は強奏と弱奏で緊張感をつくっていますが、全体的に力強く、総奏による音楽でしめくくります。すぐにサロメの踊りに入り、様々な踊りの変化はとても起伏に富んでいます。後半ではテンポも速くなり、なだれ込むように終わります。


吹奏楽大編成
バレエの情景より I・V・VIII
"I.Preambule:幕開けを告げるファンファーレは華やかというより落ち着いた雰囲気があり、それに続く音楽もスピード感と流れのある音楽が一体となっています。(時間 約3'15"")
V.Pasd'action:グラズノフの旋律の美しさを代表するような曲で、木管群を中心になめらかな音楽が展開されます。(時間 約4'40"")
VIII.Polonaise:弾みのあるポロネーズは気品のある張りとクライマックスを充分に作れます。ほとんど総奏による曲。(時間 約5'20"")"
東洋的狂詩曲より I・V
"I.:美しさとやわらかさのある東洋を想わせる旋律がたっぷり味わえる曲です。冒頭のホルンはテーマを主張し、その主張は和音に変化しながらついにテーマが現れますが、そのテーマが現れたときはきっと奏者も聴衆を感動する事でしょう。(時間 約4'30"")
V.Finale:フィナーレを飾るにふさわしい力強さとスピード感のある音楽が次々と展開します。打楽器や金管も活躍しますが、特に後半では第1楽章のテーマが金管群によって華やかに堂々と奏され、曲を結びます。(時間 約4'30"")"


アンサンブル
パストラールとポルカ(Fl.3)
優雅で流れのある旋律のパストラールと踊り出したくなるようなポルカの2曲で構成されています。フルートの持っている音色と機能性が充分生かされている作品です。
※ Picc. の持ち替えがあります。

[作曲者一覧]