グリエール[作曲者一覧][ご注文]

[前の人] [次の人]

吹奏楽小編成
バレエ組曲「青銅の騎士」より
希望と強い意志を感じる「序奏」、華やかで活気に満ちた「元老院の広場にて」、ポルカのテンポで軽妙に展開する「広場での踊り」、シンコペーションで力強く始まり、様々な舞曲が展開する「踊りの場面」。そして最後に穏やかなコラール風の旋律が拡大し、荘厳なうちに終わる「偉大なる都市の賛歌」の5曲から構成してあります。コンクール等ではこの中から選曲して演奏して下さい。(序奏・0:55 元老院広場にて・1:20 広場での踊り・1:15 踊りの場面・3:20 偉大なる都市への賛歌・1:50)


アンサンブル
8つの小品 より(Cla.4)
静かで穏やかな旋律の「朝」、軽快でリズミックな「ロンド」、かわいい雰囲気の「ちいさな行進曲」の3曲が入っています。様々な表情を持った曲です。
8つの小品 より(Sax.4)
静かで穏やかな旋律の「朝」、軽快でリズミックな「ロンド」、かわいい雰囲気の「ちいさな行進曲」の3曲が入っています。様々な表情を持った曲です。
8つの小品 より(金5+打)
語りかけるような、どこか哀愁のある「祈り」、舞曲ではありますが切々と歌い上げる「マズルカ」、そしてどこか可愛らしさを感じる「小さな行進曲」の3曲で構成されています。
使用打楽器:Timp. SD. Trgl. Tamb.
※打楽器が入らなくても(金管五重奏としても)演奏可能です。
弦楽四重奏曲第2番より 第4楽章「オリエンタル」(木7)
題名のとおり東洋的なスケールに支配されています。冒頭のAndante で主題が示された後、付点のリズムを用いた律動的なAllegro になります。後半でTranquillo になりますが、再び推進力を取り戻し力強く終わります。(一部カットしてアレンジされています。)
12 の小品 作品49 より(Cla.3)
原曲は2つのヴァイオリンのための12 の二重奏曲op.49 です。その中から3 曲を編曲しました。1 曲目はVivace で6/8 拍子ですが、3/4 拍子と6/8 拍子が混在しているような曲です。2 曲目はAndantino の美しく流れるような曲です。3 曲目は再びVivace ですが3/8 拍子で8 分音符の律動が印象的です。(Vivace 約1'10" / Andantino 約2'05" / Vivace 約1'25")
8つの小品より 間奏曲、スケルツォ(Cla.3)
バレエ音楽「青銅の騎士」の作曲者として有名なグリエールの作品です。ヴァイオリンとチェロのための8 つの小品op.39 が原曲です。流れのある美しい旋律をもった「間奏曲」と、音楽にスピードを感じる「スケルツォ」の2曲で構成されていますが、2曲の対比がとても面白い作品になっています。
8つの小品より 間奏曲、スケルツォ(Sax.3)
バレエ音楽「青銅の騎士」の作曲者として有名なグリエールの作品です。ヴァイオリンとチェロのための8 つの小品op.39 が原曲です。流れのある美しい旋律をもった「間奏曲」と、音楽にスピードを感じる「スケルツォ」の2曲で構成されていますが、2曲の対比がとても面白い作品になっています。

[作曲者一覧]