シャミナード[作曲者一覧][ご注文]

[前の人] [次の人]

吹奏楽小編成
小組曲
ピアノ曲のアレンジです。前奏曲(4/4AllegroBdur)は力強く堂々とした曲で、間奏曲(3/4ModeratoFdur)はしなやかな中に推進力のある曲です。カンツォネッタ(4/4AndanteCdur)はまさに歌で、フレーズや流れが大切な曲です。ガボット(2/4Moderatoamoll)は舞曲ですから音楽のウエイト感が大切です。タランテラ(6/8Vivoamoll)は最後の曲になります。Vivoという速度ですが音楽のスピード感を大切にした方が良いので、無理なテンポは避けましょう。全体として、とても親しみやすく技術的に無理のない曲です。バンドトレーニングやコンクール、演奏会など幅広く使えると思います。
バレエ組曲「カリロエー」より 前奏曲・シンバルのステップ
"数多くのピアノ曲によって知られるシャミナードの数少ない大規模作品であるバレエ「カリロエー」は、1888年の初演以降フランス国内はもとより、ニューヨークでも公演される程、当時の人気演目となりました。また、作曲家自身の手によって、このバレエから数多くのピアノ曲が作られ現在も親しまれています。
前奏曲:ギリシア神話に登場する海神の娘「カリロエー」の名を冠したバレエの前奏にふさわしく穏やかな海を連想させる音楽となっています。木管群を中心に滑らかな旋律が紡がれていきます。(時間 約3'15"")
シンバルのステップ:短調による力強い踊りと中間部の長調による軽やかな踊りとの対比が大変面白い音楽です。フランスの作曲家らしい色彩感と転調による効果が見事です。(時間 約5'40"")"



[作曲者一覧]