シュッツ[作曲者一覧][ご注文]

[前の人] [次の人]

アンサンブル
イタリアン・マドリガル より I.(金5)
シュッツはドイツ初期バロック音楽の最も重要な作曲家です。同じ音型のモチーフがズレたり、フレーズがズレてくり返す音楽が印象的な1 曲目「私の心よ逃れよ」と、ゆったりとしたコラールのようで細かいリズムが引きしまった音楽をつくっている2 曲目「おお恋の苦い甘さよ」で構成されています。コンテスト等にもおすすめです。
イタリアン・マドリガル より II.(金5)
ポリフォニック(多声部の)な音楽が特徴ですが、その中に歌う気持ちを大切にして、からみ合う声部を大切に演奏することでこの曲が音楽として素晴らしいものになるはずです。聴く耳と表現することを学ぶことが出来る曲だと思います。(舌は矢、口づけは傷 約3'45" / 春のほほえみ 約1'55")

[作曲者一覧]