ドリーブ[作曲者一覧][ご注文]

[前の人] [次の人]

吹奏楽小編成
バレエ音楽「コッペリア」より マズルカ
マズルカの力強い舞曲はコッペリアの中でも最も有名で、合奏する楽しさを味わう意味でとても良い作品になっている。音楽の弾みを演奏者全員で感じられる演奏にすることが重要である。またコンクールなどではワルツや祭りの踊りと組み合わせると、より効果的である。
バレエ音楽「コッペリア」より ワルツ
コッペリアといえばこのワルツというほど有名な曲だが、サックスのオプションの使い方などに工夫して、やわらかい音楽に仕上げられればとても演奏効果が上がる。またマズルカや祭りの踊りと組み合わせることで、コンクールなどの自由曲として最適な曲である。
バレエ音楽「コッペリア」より 祭りの踊り
コッペリアの音楽の中でもこの踊りは音楽的なゆれが必要で、アンサンブル的な要素のある曲である。コンクールなどで使う際に、マズルカやワルツなどとうまく組み合わせることで曲が生きてくるはずである。
バレエ音楽「シルヴィア」 前奏曲・狩の女神
前奏曲:バレエの開幕を告げる力強い総奏で音楽が始まります。テンポの変化と音楽の変化を変えながら狩の女神につながっていきます。
狩の女神:Allegrettoanimatoの勇壮な音楽がホルンを中心にした旋律によって繰り広げられます。全体的に狩を称える踊りなので力強い音楽になっています。
バレエ音楽「シルヴィア」 間奏曲・緩やかなワルツ
間奏曲:狩の女神の姿をした美しいニンフたちが、狩で疲れた身体を水浴をしたり草の上に寝そべったりする場面の音楽で、心のあたたまる音楽になっています。オーボエ、フルート、クラリネットの短いソロが印象的です。
緩やかなワルツ:ニンフたちの中でもひときわ美しいシルヴィアが木の枝に身をよせ、しなやかに揺れる枝に身をゆだねる場面です。音楽もそんな揺れのあるしなやかなものになっていて、木管群を中心にたっぷりと歌って下さい。
バレエ音楽「シルヴィア」 ピチカート
題名どおり弦楽器のピチカート奏法による音楽ですが、ピチカートの響きや弾みなどが大切ですので、スタッカートの奏法は工夫して演奏して下さい。また、中間部ではフルートのソロなどによってとても甘美な旋律が奏されます。
バレエ音楽「シルヴィア」 バッカスの行列
トランペットのファンファーレがとても印象的なこの曲は、村人たちが収穫祭のため種々の捧げ物をもってバッカス神を称える場面の音楽です。にぎやかな祭りを表現していてとても活気のある堂々とした曲です。全体的に力強くコンクールなどでも効果的な曲だと思います。


アンサンブル
バッカスの行列(金6)
バレエ音楽「シルヴィア」の中の1曲です。トランペットのファンファーレで始まり、しっかりとした足どりのマーチ風の音楽になります。美しい中間部をはさみ再びファンファーレが鳴り響くとクライマックスへと音楽は進み、強奏で終わります。
バレエ音楽「コッペリア」より(混5+打)
とても有名な曲ですので、参考になる演奏は沢山あると思います。研究して演奏に生かして下さい。トランペットやホルン、打楽器も入っていますので、音量のバランスには注意して演奏するようにしましょう。
使用打楽器:Trgl. SD. Mari.
付随音楽「歓楽の王」 より(金5)
1 曲目Gaillarde はファンファーレのような序奏から3/4 拍子の速い舞曲になりますが、トゥッティで力強い同音型の音楽が印象的です。2 曲目Lesquercarde は4/4 拍子になると同音型ではありますが、合唱のような雰囲気です。3 曲目のPavane は中低音中心の静かな音楽。最後の曲は、ホルンの開始の合図で再び3/4 拍子の速い舞曲を再現して力強く終わります。

[作曲者一覧]