ファリャ[作曲者一覧][ご注文]

[前の人] [次の人]

吹奏楽小編成
「4つのスペイン風小品」より1.アラゴネーザ 2.アンダルーサ
"「三角帽子」で有名なファリャのピアノ曲が原曲です。
東北スペイン、アラゴン地方の舞曲「ホタ」を素材にしているアラゴネーサは爽快な運動性が特徴です。(時間約3'20"")
アンダルーサは情熱豊かな曲ですが、中間部で現れる甘美な歌がリズミカルなテーマの間に魅力的なコントラストを形づくっています。(時間約4'10"")"
バレエ音楽「恋は魔術師」より パントマイム、火祭りの踊り
"「パントマイム」はトランペットを中心とした力強い音楽からスペインの歌がしなやかに流れます。「火祭りの踊り」はこれぞファリャという曲で、悪魔払いのために炎の前で激しく踊る力のある曲です。コンクールには最適です。(パントマイム:4'00""、火祭りの踊り:3'40"")"
バレエ音楽「三角帽子」より 粉屋の女房の踊り、昼下がり、粉屋の踊り
"「粉屋の女房の踊り」は官能的で力強く、「昼下がり」は様々な要素が入っている曲ですが、ところどころカットしてあります。演奏する際はさらに部分的に選択しても良いかと思います。「粉屋の踊り」はホルンのソロ、サックスのソロに続いて力強くしなやかに進行して、最後はだんだんとテンポが早くなり終わります。「終幕の踊り」はあえて入れていない小編成のためのアレンジです。(粉屋の女房の踊り:2'50""、昼下がり:3'50""、粉屋の踊り:2'50"")"
バレエ音楽「三角帽子」より 終幕の踊り
前作の「粉屋の女房の踊り」「昼下がり」「粉屋の踊り」とともに「終幕の踊り」でクライマックスに至る力強い曲です。音楽の変化は多彩でまさにファリャの代表作です。コンクール等でも挑戦して欲しい1曲です。


アンサンブル
歌劇「はかなき人生」より スペイン舞曲第11番(混6〜7)
スペインの音楽が直接伝わってくるような曲です。Percussion がoption ですが、Castanets がスペイン色をより際立たせるので、あった方が効果的です。音量のバランスに気をつけて演奏して下さい。コンテスト等では目を引く曲になると思います。
使用打楽器(option):Cast. Trgl. SuspCymb. FootBass

[作曲者一覧]