ラヴェル[作曲者一覧][ご注文]

[前の人] [次の人]

吹奏楽小編成
バレエ音楽「マ・メール・ロワ」 前奏曲
静かな中にホルンが遠くに響くファンファーレのように入ってくると、ピッコロ・フルートの細かい動きにのって盛り上がり、様々なうねりをもって音楽は進行する。ハープが活躍するがピアノでも代用できるように、そして細かい動きなどもピアノを使うことで効果が上がる。
バレエ音楽「マ・メール・ロワ」 I.紡ぎ車の踊りと情景 II.眠りの森の美女のパヴァーヌ
I.:Allegroの8分の6拍子で、木管が細かくうねりながら踊りを思わせる可愛らしいメロディーがあらわれる。途中フルートやクラリネットのソロ的な部分があり、テーマがもどる。
II.:Lentでフルートのゆったりとしたメロディーは有名で、これをクラリネットが受け継いで静かに終わる。
バレエ音楽「マ・メール・ロワ」 間奏曲〜III.美女と野獣の対話
間奏曲:突然ピッコロが強奏で入るとLentでクラリネットのソロ、そしてAllegroで追い立てられる様な音楽から静かな部分でテナーサックスがやわらかくメロディーをうけもつ。
III.:クラリネットのソロで始まり、クラリネット全体のアンサンブルを中心に音楽は優雅な3拍子で進行する。
バレエ音楽「マ・メール・ロワ」 間奏曲〜IV.一寸法師
間奏曲:オーボエ(クラリネットでも可)でのゆったりとしたメロディー、追い立てられるような16分音符の音楽からアルトサックスのソロになる。
IV.:拍子の変化を伴いながらオーボエ(他の楽器でも可)のメロディーがフルートやサックスなどにうつってゆく。途中グリッサンドなどの奏法があるが、工夫してみていただきたい。
バレエ音楽「マ・メール・ロワ」 間奏曲〜V.パコダの女王レドロネット
間奏曲:ハープのカデンツァ(ピアノの代用の方が演奏は現実的)のあとにフルートのカデンツァというかなり難しい間奏曲。少人数で演奏する場合は相当の覚悟が必要。
V.:ピッコロのソロや、オーボエのソロ(クラリネットでも可)をまじわえながら可愛らしい音楽をラヴェルらしいやわらかな流れの音楽が楽しめる。
バレエ音楽「マ・メール・ロワ」 間奏曲〜VI.妖精の園
間奏曲:ホルンのファンファーレ風(前奏曲のモチーフ)の出だしから緊張感を増すようなピッコロ・フルートの動きがからみ合う。
VI.:Lentで穏やかな、題名どおりおとぎの国へ行ったような柔らかい音楽が全体をつつむ。後半では全曲のクライマックスを堂々とつくりあげて力強く終わる。
組曲「クープランの墓」より V.メヌエット W.リゴドン
"メヌエットはフルートが大活躍で、木管全体もしなやかに歌い上げ、金管は豊かな和音を奏でる、というようなオーケストレーションになっています。(時間 約5'40"")
リゴドンは張りのある音楽と、細かな音の動き、中間部のしなやかな音楽の対比に特徴があります。(時間 約3'00"")
*この曲ではCla,Trp,Trbがそれぞれ3パート、AltSaxが2パートにわかれています。"
古風なメヌエット
ラヴェルの初期の作品ですが、古典派時代にはない斬新さ、新鮮さが感じられます。またリズムも柔軟で、ゆったりとした音楽に聞こえる反面、前進性も感じられます。小編成の吹奏楽にはピッタリの作品だと思います。


吹奏楽大編成
ラ・ヴァルス〜舞踊詩
舞踊のリズムを用いたラヴェルの代表作といえるこのラ。ヴァルスは、あるときはフランス風ワルツであったり、スペイン舞曲風のタップであったりします。各ワルツの終わりにかけてクレッシェンド、早期的な切迫が設定されてな波状の盛り上がりが形作られます。この編曲では、弦楽器などのグリッサンドはあそのまま記してありますが、雰囲気を理解していただくためですので演奏上グリッサンドにしなくても良いと思います。工夫をしてみてください。また、ピアノ(グロッケンシュピール&マリンバ)となっているパートについては、グロッケンシュピールの指示以外のところではピアノ中心に、場合によってはマリンバを使うなどして工夫してみてください。ソロクラリネットや他のソロ的なの部分では、多少オーケストレーションが厚くなっていますが、人数やバランスなど工夫してみてください。
トリオより パントゥム
ラヴェルのピアノ三重奏の第2楽章をアレンジした曲です。3/4ですが、大きなフレーズを持つ部分と弾みのある部分の対比がとても面白く、「ラヴェルらしさ」のようなものを感じます。第4楽章のフィナーレと組み合わせても良いと思います。
トリオより フィナーレ
ラヴェルのピアノ三重奏の第4楽章をアレンジした曲です。5/4と7/4が頻繁に入れ替わり音楽が変化し、テンポにもゆれがある、とても聴き応えもあり演奏しがいのある曲です。第2楽章のパントゥムと組み合わせても良いと思います。


アンサンブル
ソナチネ(Sax.4)
ラヴェルのあまりにも有名なピアノ曲、ソナチネです。ラヴェルの音楽をゆっくりと納得のできるまで作り上げて下さい。(I:3'30" / II:3'00" / III:4'00")
古風なるメヌエット(Cla.6)
しなやかで多彩な音色感をしっかりと感じて演奏することで、相当の演奏効果が期待できる曲です。音楽の持っているエネルギーの変化に気をつけてラヴェルの雰囲気を楽しんでください。
弦楽四重奏曲より 第4楽章(Cla.6)
音楽の流れはすばらしく、原調(ヘ長調)ですから音も明るく響きます。技術的にも少々難しいところはありますが、是非挑戦して欲しい曲です。
ソナタよりIV(Cla.4)
原曲はヴァイオリンとチェロのためのソナタの第4楽章です。技術的には比較的易しいのですが、ラヴェルの感性を充分感じられる作品です。コンテスト等でも聴きばえするでしょう。
3つの歌(木8)
原曲はアカペラの合唱曲なのですが、性格の違う3つの歌は、技術的にも平易で演奏効果は絶大な聴きばえのする曲です。コンテストにもよいと思います。((約)I:1'40" II:2'30" III:1'40")
3つの歌(金8)
原曲はア-カペラの合唱曲なのですが、性格の違う3つの歌は、技術的にも平易で演奏効果は絶大な聴きばえのする曲です。コンテストにもよいと思います。((約)I:1'50" II:2'30" III:1'40")
クープランの墓 より(木6)
ラヴェルの代表的な作品です。「プレリュード」「フォルラーヌ」「リゴドン」の3 曲の構成になっています。音楽的に、また技術的に高度な作品で色彩の変化とともに音楽も変化し、聴衆に強い印象を与えることでしょう。

[作曲者一覧]