J.S.バッハ[作曲者一覧][ご注文]

[前の人] [次の人]

吹奏楽小編成
フーガト短調
フルートとクラリネットによって始まり、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスとフーガによって楽器が加わり展開部に入ってゆく。すべての楽器が活躍する曲なので、実力をつけるためのトレーニング曲として最適である。また、バッハの構築された音楽はアンサンブル能力も向上させる力を持っている。多人数による演奏ではバッハの重厚な響きを作るのが容易にでき、さらなる効果が得られる。ここではティンパニーを使用しているが無くてもかまわない。


アンサンブル
6つの小さなプレリュード I〜III(木8)
木管楽器の特性を生かせるとても演奏効果の高い作品です。フルート・クラリネット・サックスの音色の変化とともに、バッハのもつ音楽の質の高さを味わってください。コンテストなどには最適です。
6つの小さなプレリュード IV〜VI(木8)
木管楽器の特性を生かせるとても演奏効果の高い作品です。フルート・クラリネット・サックスの音色の変化とともに、バッハのもつ音楽の質の高さを味わってください。コンテストなどには最適です。
目覚めよ、と呼ぶ声あり(木7)
Maestoso のコラールから始まり、有名な旋律をもった Moderato の音楽になります。是非体験しておきたい1曲です。(Maestoso:3'10" Moderato:4'00"(約))
主よ人の望みの喜びよ(混8)
とても有名な曲です。あえてアーティキュレーションやダイナミクスなど細かい指示はしていません。工夫して流れのある音楽にして下さい。
管弦楽組曲より I.(木5)
組曲第1番から「パスピエ」と組曲第2番から「ブーレー」の組み合わせです。1曲目の「パスピエ」はフランス北西部の陽気で快活な舞曲です。2曲目「ブーレー」は2分の2拍子の弾みと前進性のある音楽です。
(パスピエ:約2'30" / ブーレー:約1'50" )
コンテスト等では他のII・IIIの中の曲と組み合わせた演奏も可能です。
管弦楽組曲より II.(木5)
1曲目の組曲第1番からの「ブーレー」は2分の2拍子の弾みと前進性のある音楽です。組曲第2番からの「ポロネーズ」が2曲目で、とても有名な曲です。途中のアルトサックス、クラリネット、フルートのsoloの動きは聴きどころです。
(ブーレー:約2'00" / ポロネーズ:約2'35" )
コンテスト等では他のI・IIIの中の曲と組み合わせた演奏も可能です。
管弦楽組曲より III.(木5)
1曲目、組曲第1番から「メヌエット」はかわいらしさのある曲です。2曲目の組曲第2番からの「バディヌリー」はフランス語の「冗談、からかい」という意味からきています。スケルツォと同じく2拍子の陽気で速く、分担奏があったり、テクニックの見せどころがあったりする曲です。
(メヌエット:約2'30" / バディヌリー:約1'45" )
コンテスト等では他のI・IIの中の曲と組み合わせた演奏も可能です。
管弦楽組曲より IV.(金5)
組曲第2番から「ロンドー」と組曲第3番から「ガヴォット」の編曲です。「ロンドー」とは中世、ルネサンスのフランス歌曲の形式で、後の「ロンド形式」のもととなったそうです。Allegro ですがどこか気品のある曲です。「ガヴォット」は跳躍するモチーフが特徴です。この曲も崇高な雰囲気をもっています。
(ロンドー:約1'45" / ガヴォット:約2'45" )
コンテスト等ではV.の中の曲と組み合わせた演奏も可能です。
管弦楽組曲より V.(金5)
組曲第2番から「メヌエット」と組曲第3番から「ジーグ」の編曲です。「メヌエット」はかけあがるようなモチーフが特徴的です。「ジーグ」は8分の6拍子で力強く、いきいきとした曲です。
(メヌエット:約1'25" / ジーグ:約2'00" )
コンテスト等ではIV.の中の曲と組み合わせた演奏も可能です。
シャコンヌ(Cla.4)
バッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」から無伴奏パルティータ第2 番の第5 楽章です。転調部分はカットしてありますが、聴き応えのある演奏効果の高い作品になっています。音楽的にも技術的にも高度で、聴衆に対してとても印象に残るはずです。コンサートは勿論、コンテストにもおすすめです。
ブランデンブルグ協奏曲第5 番 より(混6〜7)
鍵盤打楽器が活躍するのが特徴です。またホルン以外の金管は選択肢に入っていません。そしてさらに、VI. の低音セクションはoption ですから、バスクラリネットやバリトンサックス、バスーンが無くても演奏可能です。木管+鍵盤打楽器(+ホルン)のアンサンブルです。
I.=Fl. Ob. Cla.
II.=Fl. Ob. Cla.
III.=Ob. Cla. AltSax.
IV.=Cla. AltSax. TenSax. Hrn.
V.=Cla. TenSax. BsCla. BarSax. Bsn. Hrn.
VI.(option)=BsCla. BarSax. Bsn.
Perc.=Xylo. Mari.
2声のインヴェンションより I. (木4)
技術の向上、カンタービレの奏法を学べ、同時にアンサンブル能力をも向上させることのできる曲だと考えています。演奏する際には、I. のNo.1、No.7、No.8、II. のNo.13、No.14、No.4 を組み合わせても良いと思います。(No.1 約1'30" / No.7 約1'40" / No.8 約1'05")
2声のインヴェンションより II. (木4)
技術の向上、カンタービレの奏法を学べ、同時にアンサンブル能力をも向上させることのできる曲だと考えています。演奏する際には、I. のNo.1、No.7、No.8、II. のNo.13、No.14、No.4 を組み合わせても良いと思います。(No.13 約1'30" / No.14 約1'30" / No.4 約1'05")

[作曲者一覧]