表示数曲ずつ

[1] [2] [3] [4]  5  [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19]


吹奏楽譜[小編成] 186曲中41曲目から50曲目まで10曲表示中

「子供の領分」より 6.ゴリウォーグのケーク・ウォーク
子供の領分のなかでももっとも有名なこの曲は、様々なパートが活躍します。弾みのある音楽が中心ですが、音色の変化や曲想の変化などは演奏している者にとっても、聴衆にとっても楽しめる作品です。オプションの利用やバランスのとり方の工夫で個性の表現もしてみて下さい。
バレエ音楽「コッペリア」より マズルカ
マズルカの力強い舞曲はコッペリアの中でも最も有名で、合奏する楽しさを味わう意味でとても良い作品になっている。音楽の弾みを演奏者全員で感じられる演奏にすることが重要である。またコンクールなどではワルツや祭りの踊りと組み合わせると、より効果的である。
バレエ音楽「コッペリア」より ワルツ
コッペリアといえばこのワルツというほど有名な曲だが、サックスのオプションの使い方などに工夫して、やわらかい音楽に仕上げられればとても演奏効果が上がる。またマズルカや祭りの踊りと組み合わせることで、コンクールなどの自由曲として最適な曲である。
バレエ音楽「コッペリア」より 祭りの踊り
コッペリアの音楽の中でもこの踊りは音楽的なゆれが必要で、アンサンブル的な要素のある曲である。コンクールなどで使う際に、マズルカやワルツなどとうまく組み合わせることで曲が生きてくるはずである。
『私の子供たちのためのアルバム』より 鉛の兵隊の行進
トランペットとトロンボーンによるファンファーレからホルンのエコーによるファンファーレを冒頭に軽快な音楽が展開する。いわゆるきざみのパートは裏拍が無いので、それが鉛の兵隊の雰囲気を出していて曲全体を支配している。原曲はピアノ曲で題名が示すように演奏は比較的平易な作品だが、コンクールなどでも効果のある曲である。
『私の子供たちのためのアルバム』より 守護天使の夜
賛美歌のような美しい旋律が特徴で、全体で響かせたときの充実感ある音楽は聴く人々の心をとらえるでしょう。やさしさのある、しかし重厚な音色で演奏と聴衆すべての人々が満足のいく演奏が可能である。
『私の子供たちのためのアルバム』より 昔の歌
親しみやすい旋律は、この曲がフランスのわらべ唄なのではないかと思わせる。技術的易しいので3拍子を感じながらゆとりのある音楽になれば最高である。
『私の子供たちのためのアルバム』より ファランドール
速いテンポの2拍子で、快活な歯切れのよい音楽である。覚えやすい旋律は子供たちに親しまれるようにという意図があると思うが、音楽の持っているエネルギーは聴衆に強いアピールをするはずである。このシリーズの他の部分を組み合わせれば、コンクールなどで最適である。
『14のバガテル』より I. II. IV. V. VI. X.
soloを選択できるようになっています。soloA・soloB・soloCのパターンで楽譜には指示してありますが、自由に組み合わせて個性のある演奏にしてください。(時間 約1'10")
II.アレグロの音楽はバルトークの持っているエネルギーを金管・打楽器を中心に、張りのあるものにしてあります。はっきりした演奏にして下さい。(時間 約1'00")
IV.グラーヴェでたっぷりと歌いあげる音楽は金管と打楽器だけの堂々とした曲になっています。重厚な響きを作ってください。(時間 約1'25")
V.ヴィーヴォでスピードのある曲です。前進性のある音楽は8分音符の動きによって作り出されています。(4分音符で演奏しても良いようにしてありますが、できれば8分音符で演奏したほうが効果的です)全体として強奏ですので音色に気をつけて演奏して下さい。(時間 約1'10")
VI.レントでどこか神秘的な曲です。この曲でもアルトサックスまたはクラリネットのsoloで始まりますが、全体は木管中心の音色があやしい雰囲気を作っていて、トロンボーンのミュートが効果的に出てきます。(時間 約2'00")
X.アレグロで、木管・金管・打楽器すべてが活躍し、充分クライマックスを築ける曲です。コンクールや演奏会などでもこの曲でしめくくるといわゆるカッコイイと言えると思います。打楽器群はとても重要で、この曲を張りとスピードをもって進行させてくれるはずです。(時間 約2'45")

コンクールで使用する場合の選択例
a:I.II.IV.X.(約 6'20"")b:II.V.VI.X.(約 6'55")c:I.II.VI.X.(約 6'55")
コンクールで効果が上がる選択は他にもたくさんあると思います。工夫してみてください。
二つの肖像
吹奏楽での可能性への挑戦、そして小編成・少人数の吹奏楽の発展という意味でこの曲は、とても有意義深い作品だと思います。ソロ的な部分と総奏の対比、音楽のもっている自在の感覚に対する技術的な裏付けなど、様々な面からこの曲に取り組んで欲しいと思います。
I.は音が複雑にからみ合います。音のうごめきを音楽にしてください。
II.は8分の3拍子のプレストでスピード感のある音楽を作って下さい。

[<<前頁] [次頁>>]