歌劇「ファウスト」より バレエ音楽 6.鏡の踊り/グノー

~楽曲解説~
このバレエ音楽は大編成というより、中編成的な方が良い音が出せると思います。従って、30名〜40名で金管セクションよりも木管セクションにメンバーを集めたバランスにして、必要な音をしっかり選択すれば少人数でも演奏は可能です。打楽器の人数を多く必要としないのもこの曲の特徴です。
 
6.鏡の踊り
強奏で始まりますが、すぐにしなやかな6連符が印象的な旋律が現れます。全体的に、しなやかでありながらどこからかかわいらしい音楽になっています。
 
歌劇「ファウスト」より バレエ音楽
 
【編成】
Piccolo
Flute 1
Flute 2
Oboe 1 & 2
Bassoon 1 & 2
Clarinet 1
Clarinet 2
Clarinet 3
Alto Clarinet
Bass Clarinet
Alto Saxophone 1
Alto Saxophone 2
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1
Trumpet 2
Trumpet 3
Horn 1 & 2
Horn 3 & 4
Trombone 1
Trombone 2
Trombone 3
Euphonium
Tuba
String Bass
Triangle
 

関連商品