円舞曲「ウィーンの森の物語」/J.シュトラウスⅡ世

~楽曲解説~
シュトラウスの数多くのワルツの中でも最も絵画的なワルツがこの「ウィーンの森の物語」といっても良いでしょう。 物悲しい狩人の角笛を思わせるユニゾンの導入につづき、活気あふれるメロディーが始まります。特に途中のしっかりとした旋律はとても有名です。
 
【編成】
Piccolo & Flute 1
Flute 2
Oboe 1 & 2
Bassoon 1 & 2
Eb Clarinet
Clarinet 1
Clarinet 2
Clarinet 3
Bass Clarinet
Alto Saxophone 1
Alto Saxophone 2
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1
Trumpet 2
Trumpet 3
Horn 1 & 2
Horn 3 & 4
Trombone 1
Trombone 2
Trombone 3
Euphonium
Tuba
String Bass
Timpani
SnareDrum
Triangle
Cymbals
BassDrum
Marimba
 

関連商品