円舞曲「酒・女・歌」/J.シュトラウスⅡ世

~楽曲解説~
ウインナワルツの定型に従って書かれているこの曲は、2分2拍子のマエストーソで始まり、金管を中心とした序奏からワルツに入ります。 4つのワルツから成り立っていますが、それぞれ様々な雰囲気をもっており、とても印象に残るワルツです。コーダでは打楽器も活躍して終わります。
 
【編成】
Piccolo
Flute 1
Flute 2
Oboe 1 & 2
Bassoon 1 & 2
Eb Clarinet
Clarinet 1
Clarinet 2
Clarinet 3
Bass Clarinet
Alto Saxophone 1
Alto Saxophone 2
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1
Trumpet 2
Trumpet 3
Horn 1 & 2
Horn 3 & 4
Trombone 1
Trombone 2
Trombone 3
Euphonium
Tuba
String Bass
Timpani
SnareDrum
Triangle
Cymbals
BassDrum
Marimba
 

関連商品