ルーマニア民族舞曲/バルトーク

~楽曲解説~
バルトーク特有の力強さのある2拍子の踊りはクラリネット・サックス・ホルンを中心に始まり、IIの踊りはトランペットやホルンなどが旋律を受け持っています。IIIはModerato となり、オーボエ(オプションではクラリネット)の solo、フルート・ピッコロなどが優雅な旋律を受け持っています。IVのAndante ではテナーサックスとユーホニウムのsoli、次にホルンまたはアルトサックスのsolo、そして木管群の響きに変わると全体奏となってゆきます。VのAllegro は、全体奏でスタッカートのはぎれの良い音楽となり、VI・VIIの速い踊りでは、バルトークのリズム感あふれる音楽がクライマックスをつくっています。調は原調なので(バルトークの響きを重視)オプションなどを上手に利用して演奏して下さい。
 
【編成】
Flute & Piccolo
Flute
Oboe
Bassoon
Clarinet 1
Clarinet 2
Bass Clarinet
Alto Saxophone
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1
Trumpet 2
Horn 1
Horn 2
Trombone 1
Trombone 2
Euphonium
Tuba
Timpani
Suspended Cymbal
Bass Drum
Triangle
Tambourine
 

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
Re: タイトル
2018/07/31 投稿者:アコード出版 おすすめレベル:★★★★★

omo様
書き込みいただきありがとうございます。
ご指摘いただいたタイトルの表記についてですが、JASRACでは「Roumanian」となっているため、それに準じた表記をしております。

アコード出版

タイトル
2018/07/28 投稿者:omo おすすめレベル:★★★

RoumanianではなくRomanianでは?
(もしくはRoumanin)