ハンガリーの風景より 1・2・5/バルトーク

~楽曲解説~
第1楽章「セークレルとの夕べ」:クラリネット(フルートでも可)のソロで始まり、フルートの軽快なAllegretto に入ります。再び主題が現れると感動的な盛り上がりをつくり、静かに終わります。
第2楽章「熊踊り」:Allegro vivace の力強い律動とともに、打楽器も活躍しながらどんどん音楽は進行します。
第5楽章「豚飼いの踊り」:静かに始まりますが、Allegro molto になっているので前進するエネルギーを感じます。クラリネットやピッコロが主題を提示すると、どんどん発展して金管や打楽器などもエネルギッシュに登場します。
全体として、技術的にも無理なくバルトークのエネルギーを感じることのできる曲で、大編成で演奏しても大きな効果を得られる曲になっています。
 
【編成】
Flute & Piccolo
Flute
Oboe
Bassoon
Clarinet 1
Clarinet 2
Bass Clarinet
Alto Saxophone
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1
Trumpet 2
Horn 1
Horn 2
Trombone 1
Trombone 2
Euphonium
Tuba
Timpani
Tambourine(option)
Suspended Cymbal(option)
Snare Drum
Triangle
Cymbals
Bass Drum
Marimba(option)
Glockenspiel(option)
Xylophone(option)
 

関連商品