組曲 op.14より Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ/バルトーク

~楽曲解説~
I: Allegrettoで前進性のある音楽はバルトークの特徴ですが、この音楽的パワーが切れることなく進んでいく曲です。
II: 4分の3拍子の曲ですが、"付点二分音符"=120前後の曲で、パワフルで張りのある音楽です。フレーズの変化が面白く、吹奏楽の可能性を引き出してくれるような作品です。
III: どこかミステリアスな雰囲気があり、打楽器も活躍します。起伏に富み、音楽の色彩の変化のある作品です。
 
(I: 2’20” / II: 2’00” / III: 2’20”)
 
【編成】
Piccolo
Flute 1 
Flute 2
Oboe
Bassoon
Clarinet 1
Clarinet 2
Bass Clarinet
Alto Saxophone
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Trumpet 1
Trumpet 2
Horn 1
Horn 2
Trombone 1
Trombone 2
Euphonium
Tuba
Timpani
Snare Drum
Suspended Cymbal
3Tom-toms
Bass Drum
Tam-tam
Wood block
Glockenspiel
Xylophone
 

関連商品