ヴィクトリア女王と素晴らしき英国より I./サリヴァン

~楽曲解説~
コミック・オペラで成功したイギリスの作曲家サリヴァンの作品です。「イノシシの頭とローストビーフの行列」という面白い題ですが、 トランペット、トロンボーンで始まり金管群の堂々とした行進曲から軽快な8分の6拍子の行進曲に変化する曲です。 中間部から後半ではテンポも落ち着き、どこか気品をもたせて終わります。「ギャロップ」は題名そのままの勢いのある曲ですが 、中間部はゆったりと聞こえる部分もあり、変化をもちながら力強く終わります。コンクールやコンサート等ではI. とII. から選択して順不同で演奏出来ます。
(イノシシの頭とローストビーフの行列:3'40" / ギャロップ:2'30")
 
ヴィクトリア女王と素晴らしき英国より
・Ⅰ. 「イノシシの頭とローストビーフの行列・ギャロップ」
 
【編成】
Flute
Clarinet 1
Clarinet 2
Alto Saxophone
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone or Bass Clarinet (option)
Trumpet
Horn
Trombone
Euphonium
Tuba
Timpani(option)
Percussion 1(Triangle, SnareDrum, SuspendedCymbal)(option)
Percussion 2(Triangle, Tambourine, Cymbals, SuspendedCymbal, Glockenspiel)(option)
 

関連商品