春の歌 より (金6) /モーラン

~楽曲解説~
混声合唱曲が原曲で7 曲の中から3 曲を抜粋しています。しなやかな総奏で始まり、歌い上げるような曲から優しさのある音楽の曲へ変化し、最後の曲は軽快な中に力強い音楽へと変わり、変化のある3 曲になっています。
(緑の木の下で 約1′ 15″ / 川の神の歌 約2′ 00″ / 良いワイン 約1′ 30″ )

【編成】
金管6重奏(Tp.2 / Hrn. / Tb.2(or Euph.2) / Tuba)

 

関連商品