地方のジャズバーで (金7) /山本教生

~楽曲解説~
スウィング風、タンゴ風、ラグタイム風といった3 つの場面が都会のように洗練されていない、どこかジャズを感じる、といった曲になっています。
(Allegretto agevole 約1′ 20″ / Tempo giusto 約1′ 45″ / Allegro burlesco 約1′ 20″ )

【編成】
金管7重奏 (Tp.2 / Hrn. / Tb.2 / Euph. / Tuba)