カントルーブ[作曲者一覧][ご注文]

[前の人] [次の人]

アンサンブル
「オーベルニュの歌 第5集」より 向こうの岩の上に(木8)
フランスのオーベルニュ地方の民謡の1 曲です。原曲は独唱とピアノ(またはオーケストラ)で書かれています。 ゆったりとした3 拍子の音楽は、フルートを中心に様々に変化します。強さや激しさなどはありませんが、優雅で柔らかい音楽は人の心に残ります。
ルーマニア舞曲集 より(金6)
ルーマニアの舞曲を題材にしているバルトークの作品とは全く違って、しなやかさを感じる曲です。1曲目、2曲目それぞれ6/8、 3/8 拍子ですが歌を感じます。3曲目は2/4 拍子でシンコペーションが特徴的です。(Noble et majestueux 約1'35" / Vif 約1'15" / Sauvagement 約1'25")

[作曲者一覧]