ゴットシャルク[作曲者一覧][ご注文]

[前の人] [次の人]

アンサンブル
ユニオン(金8)
トランペットの重々しいテーマが鳴り、トゥッティでそのテーマが重厚な響きとなる冒頭部。次にトロンボーンのソロにより新しいテーマが奏でられると、そのテーマはトランペットやホルン、そしてトゥッティと様々に変化して曲をとじます。
プエルトリコの思い出(木6)
19 世紀の数少ないアメリカ作曲家の1人、ゴットシャルクのピアノ曲からアレンジしました。 親しみやすい旋律が様々な音楽に変化しますが、主題になっているモチーフは一環して流れます。一部に16 分音符による受け渡しなどありますが、 比較的演奏しやすい作品です。
ゴットシャルク・コンピレーション I.(木7)
ゴットシャルクのピアノ曲を組み合わせています。1 曲目の「バンブーラ」は黒人のダンスと原曲に副題がついているように、 ノリのある曲です。2 曲目「キューバの思い出」では哀愁と活気を感じる曲です。3 曲目「私に答えて」は明るく華やかで踊り出したくなるような曲です。 切れ目なくアタッカでの演奏になります。
ゴットシャルク・コンピレーション II.(金6)
3つの作品を組み合わせてメドレーのようにしてあります。歩みがだんだんと力強くなっていくような1曲目「夜の行進曲」、 もの悲しさを感じる2曲目「死せる詩人」、楽しく弾むような3曲目「トーナメントギャロップ」。それぞれ違った音楽で楽しめる作品です。
ゴットシャルク・コンピレーション III.(金6)
急・緩・急の3曲を組み合わせてメドレーにしました。リズムの組み合わせが面白い1曲目「マンチャの調べ」、 ホルンの旋律が語りかけるように始まり、全体が歌っているような2曲目の「リコルダーティ」、弾んで踊っているような3曲目「ガリーナ」、 全く異なる音楽が楽しめます。

[作曲者一覧]