表示数曲ずつ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]  12  [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19]


吹奏楽譜[小編成] 186曲中111曲目から120曲目まで10曲表示中

「スペインの歌」より前奏曲
ピアノ曲からのアレンジです。律動の緊張感が特徴の曲ですが、力強さや音楽の流れが素晴らしく、演奏しやすい曲です。コンクール等におすすめです。
「スペインの歌」よりコルドバ
ピアノ曲からのアレンジです。コルドバは夜想曲の意ですが、曲は冒頭のコラールを金管群によって表現し、木管がそれを受けて演奏します。その後、スペインらしい弾みと歌えるフレーズをもった音楽になります。コンクール等におすすめです。
「スペインの歌」よりセギディーリャ
ピアノ曲からのアレンジです。セギディーリャはスペイン南部アンダルシア地方の民族舞曲です。速い3拍子でカスタネットが活躍し、これがスペイン音楽という雰囲気を持った曲です。コンクール等におすすめです。
前奏曲とサロメの踊り
劇的に始まる前奏曲は強奏と弱奏で緊張感をつくっていますが、全体的に力強く、総奏による音楽でしめくくります。すぐにサロメの踊りに入り、様々な踊りの変化はとても起伏に富んでいます。後半ではテンポも速くなり、なだれ込むように終わります。
組曲op.14よりI・II・III
"バルトークのピアノ曲からのアレンジです。
I:Allegrettoで前進性のある音楽はバルトークの特徴ですが、この音楽的パワーが切れることなく進んでいく曲です。(2'20"")
II:4分の3拍子の曲ですが、""付点二分音符""=120前後の曲で、パワフルで張りのある音楽です。フレーズの変化が面白く、吹奏楽の可能性を引き出してくれるような作品です。(2'00"")
III:どこかミステリアスな雰囲気があり、打楽器も活躍します。起伏に富み、音楽の色彩の変化のある作品です。(2'20"")"
組曲「ドリー」より子守歌
とても親しみやすく、やさしさのある旋律で演奏もしやすい曲です。
組曲「ドリー」よりミ・ア・ウー
猫の鳴き声が曲の題名になっています。3拍子の曲ですが2拍子的な動きがおもしろい曲です。
組曲「ドリー」よりドリーのお庭
叙情的な旋律が歌い継がれていく曲です。微妙な転調がこの曲の味になっています。
組曲「ドリー」よりキティ・ワルツ
ゆったりと安定感のあるワルツで、流れのある旋律は1度聞いたら忘れられません。
組曲「ドリー」よりかわいらしさ
息の長い旋律と中間部での会話のようなカノンが特徴で、小品ですがスケールの大きさを感じます。

[<<前頁] [次頁>>]